社会保険労務士の講座を受けよう|身になる資格

オンラインによる作文指導

原稿用紙

作文の技術を磨く方法

「小論文の書き方がわからない」、「作文が苦手」という人に対して、オンラインで小論文の添削サービスが行われています。試験対策とは別に「小論文添削コース」のような形で、作文の技術を磨くことができます。一般的に、小論文の添削が行われているのは大学入試ですが、作文が苦手な人の場合、高校1年生のときから取り組む必要があるかもしれません。作文は丸暗記とは違って短期間で習得できるというものではありません。テーマに対してまとめる力や幅広い知識が必要になります。受験する学部によって小論文のテーマが違ってきますから、志望校の学部に合った添削を受ける必要もあるでしょう。最初は、小論文の書き方から学ぶことになります。

模範解答を読む

小論文の添削を受けることで、自分の書いた文章のどこが悪いのかがわかるようになります。作文が上手になるためには、多くの模範解答を読むことです。小論文には試験の解答のような正解はありませんから、文章がうまくまとまっていることがポイントになります。上手な文章のまとめ方を添削から学んでください。添削に「評価」がつけられていることもあります。5段階評価から10段階評価などやり方は異なりますが、作文の技術の上達がわかった方が励みになるかもしれません。添削される赤字の部分がどんどん減ってくることなども、作文技術が上がってきたことの証明になります。作文技術が上がるにつれて、テーマをひねり出す苦労もなくなっていくでしょう。